首都プノンペンにあるボンケンコンマーケット

2024.3.14

首都プノンペンにあるボンケンコンマーケット

はじめに

こんにちは!
Hello!CAMBODIA現地在住スタッフのマナティーがお届けするカンボジア情報です!

カンボジアには昔ながらの市場がたくさんあります。

中でも首都プノンペンの中心部にあるボンケンコンマーケット(Boeng Keng Kang Market)は地元の人々はもちろん、観光客にも人気のあるスポットです。
今回はボンケンコンマーケットの楽しみ方を紹介いたします。

首都プノンペンにあるボンケンコンマーケット

ボンケンコンマーケットはプノンペンの中心部に位置していて地元の日用品から伝統工芸品、食料品まで幅広い商品が揃う市場です。
カンボジアの文化と生活の真髄を垣間見ることができる場所であり、地元の人々の生活に密接に関わっています。

ボンケンコンマーケットはカンボジアの日常生活を体験するのに最適な場所で地元の人々と交流をしたり、日常生活で使用される様々な商品を見たりすることでカンボジアの文化をより深く理解することができます。

ボンケンコンマーケットには手作りの工芸品や伝統的な衣服、珍しいスパイスや地元の食材など他では手に入らないような商品も豊富に揃っています。独特な記念品を探している旅行者にとっては宝探しのような感覚になれる場所です。

食品売り場では屋台もありカンボジア料理の豊富なバリエーションを味わうことができます。地元で人気のストリートフードから新鮮な果物や野菜まで本物のカンボジアの味を楽しむことができます。

お勧めの訪問時間帯は朝でマーケットが最も活気に満ちていて新鮮な食材が多く並ぶ様子を見ることができます。午前中は気温が比較的低いため快適に散策することができます。
カンボジアのマーケットでは値段交渉が一般的です。礼儀正しくそして楽しみながら交渉を行うことでよりお得な価格で商品を手に入れることができるでしょう。

外国人には高めの値段を言ってきたりするので価格交渉をすることをお勧めします。
いくつか基本的なカンボジア語の挨拶や数字を覚えておくと地元の人々とのコミュニケーションがスムーズになり交渉もできるのでマーケットでの体験がより面白くなるはずです。

おわりに

ボンケンコンマーケットは、カンボジアの文化、伝統、そして人々の生活を間近で感じることができる面白い場所です。地元の人々の温かさとマーケットの活気溢れる雰囲気に触れることでカンボジアの魅力が一層深まることでしょう。他にも市内にはいくつもマーケットがありますので観光に来られた際は立ち寄ってみてください。

Hello!CAMBODIAでは現地からリアルな情報をお届けしていきます!
皆様がカンボジアにお越しになれる日を楽しみにお待ちしております!

カンボジア不動産投資のスペシャリストが登壇!投資をする上で押さえておきたいポイントを伝授!

カンボジア不動産投資相談会

こんなお悩みありませんか?

  • 不動産投資をしてみたいけど知識がないから不安…
  • 購入した後の運用方法など、どこに相談していいかわからない…
  • 現地のリアルタイムな情勢に詳しい人に話を聞いてみたい
  • 個別に聞きたい事が沢山あるけど大勢の前では聞きづらい…
  • セミナーに参加したいけど忙しくて日程が合わせにくい… など

そんなお悩み、
他社とは違うHello!CAMBODIAの相談会で解決できます!

POINT 01 プレゼンテーションしている女性と聴衆者

しっかり対話が取れる
少人数の相談会

カンボジアという国、歴史、行政などのお話から、現地生活の状況まで、色々なお話を聞くことができます。
大人数では聞けない個人の疑問も気軽にご相談いただけます。

POINT 02 相談回をしている3人

個々に合わせた丁寧な
カウンセリング

パートナーである現地日系法人の現地スタッフ自ら、現地からの情報をオンラインでしっかり説明。現状の不安や疑問にも寄り添い丁寧にサポートしていきます。

POINT 03 パソコンに向かう女性

現地の情報まるわかり!
現地のプロが講師

カンボジアを知り尽くした弊社のパートナーである現地日系法人がサポート。
日本に居ながらにして現地の情報がリアルタイムで把握できます。

\ 日程調整にも柔軟に対応いたします /

気になることは全て解決!相談会へ無料参加する

過去のセミナー開催時の様子

長編視聴のお申込みはこちら 

カンボジアでは信頼できる不動産会社を見つけることが重要です。
海外不動産は言語の違いや土地勘の乏しさからどうしても入手できる正確な情報量が減ってしまい、また自ら調べることも困難です。
現在のインターネット環境であっても、最新で且つ正しい情報を入手するのは難しいと言えます。

カンボジアでは経済成長が著しいのに比例して法律などの整備も次々とアップグレードされます。
更に担当者によって返答がバラバラであったり、何か変更があっても相手側から知らせてくれる場面は少ないため工夫が必要です。

カンボジアでは英語が使えますが、細かな内容を精査したり商談や交渉時において有利に進めるには現地人同士のクメール語での会話が重要ポイントになります。
また、公的書類はクメール語表記でなければなりません。
英語も併用されていますが、クメール語から英語、英語から日本語への翻訳では解釈やニュアンスが変わる可能性があります。

日本語が通じる安心感のみから日系の会社を選択するのではなく、現地に拠点を構えているか、登記されているか、現地に精通しているか、通訳やどこまでサポートをしてくれるのかなどを見極めて選びましょう。
カンボジアで弁護士を選任する場合は、本来の役割を考え、いざという時に法廷でクメール語で争える弁護士に依頼することが一番安全な方法といえます。

以上のような注意すべきポイントを押さえ、 魅力的なカンボジアの不動産投資にして頂きたいです。